スポンサード リンク

かゆみ 症状

かゆみの症状は、足や手、脇の下、腹部、陰部などにポツポツが出来てかゆくなるものや、 爪でかきむしってしまうくらいかゆみの強いもの、肌がカサカサになってかゆみが伴うもの、 陰部や肛門周囲がかゆくなるもの等、その症状は様々あります。

かゆみの原因は、精神的なストレスによるものから、内臓の病気、アレルギー性皮膚炎、 水虫、インキンタムシ、湿疹、疥癬など病気が考えられ、 素人では判断出来ませんので必ず医師の診断を受けるようにして下さい。

かゆみの症状が辛くて我慢出来ない場合は、体が温まるとかゆみは強くなるので、 冷水を浴びたり、冷やしたタオルをかゆい部分にあてる等して、 かゆみを軽減させるようにしましょう。

また、タバコやアルコール、刺激の強い香辛料、豚肉などは、 かゆみの症状を悪化させる作用があるので控えるようにして下さい。

また、入浴時に体を洗うときは、刺激の少ない石鹸を使うようにしましょう。 そして体に付着した石鹸の泡は完全に洗い流すようにしましょう。

かゆみの症状は軽いものから、強いものまで様々あり、皮膚のかゆくなる原因も様々あります。 皮膚がかゆいからと言って、かきむしってしまうと、余計に症状を悪化させることになるので、 かゆみの症状が気になる場合はすぐに病院を受診するようにしましょう。

スポンサード リンク

股間 かゆい

股間がかゆい場合は、インキンタムシを発症している可能性があるので注意して下さい。インキンタムシとは性器周辺に発生する股部白癬のことを言います。また、全身に出来るタイプのものを体部白癬と呼びます。この病気は白癬菌と呼ばれるカビが皮膚組織に感染して増殖するもので、足にできる水虫と同じものになります。

肛門 かゆい

肛門にかゆい症状が伴う時、いろいろな病気が原因として考えられますが、これらの病気を総称して肛門掻痒症と呼んでいます。肛門掻痒症の症状は、入浴などで患部が温まると、肛門に強いかゆみが生じるのが特徴です。かゆみがひどい場合は睡眠が妨げられるほどです。

尻 穴 かゆい

尻の穴がかゆい、尻の穴の周囲に炎症や湿疹がある等の症状を伴う時は、蟯虫症を発症している可能性はあるので注意が必要です。蟯虫症とは、盲目粘膜に寄生する蟯虫が、夜間に尻の穴から出て周囲に卵を産み付ける状態のことを言います。蟯虫の全長は1cm~2.5cm程度あります。

皮膚 痒い

皮膚が痒い症状は、まず、原因として皮膚病を思い浮かべますが、内臓疾患や精神的な要因が原因で、全身のかゆみを引き起こす場合があるので注意して下さい。皮膚が痒い症状が、皮膚病が原因の場合はインキンタムシや水虫、老人性そう痒症などの病気が考えられます。

皮膚 かゆみ

皮膚のかゆみがある場合は、強くかきむしったりすると湿疹化してしまう場合があるので注意して下さい。皮膚のかゆみの原因はさまざまあり、毒蛾や塗料などにふれることが原因で引き起こされる場合があります。このような原因で発症する皮膚のかゆみを接触性皮膚炎と言います。また、足や手、脇の下、腹部、陰部にかゆみが起こる場合は、

このページの先頭へ